ノルマを気にせず、自宅にウォーターサーバーを置くためには

ウォーターサーバーを置く際に、一番目にするのがサーバー本体のレンタル料金ではないでしょうか。
しかし、実際は、他にも気を付けないといけない点がいくつかあるのです。

 

例えば、ほとんどのウォーターサーバーには、水の定期購入のノルマがあります。
そして、そのほとんどが無料のサーバーレンタル料のところなのです。

 

なので、目先のサーバーレンタル料だけに気をひかれるのではなく、水の定期購入のノルマの点もしっかり把握する必要があります。

そんな水の定期購入のノルマがないほとんどが、サーバーレンタル料がかかるところになります。

 

サーバーレンタル料は、500円から1500円前後といったところが多く、無料で借りられる事を考えると損をするように思う人もいるかと思いますが、実際、必要のない量の水を購入するより、トータルコスト的に安くなる場合がほとんどです。

 

そんなウォーターサーバーを選ぶ際には、「料金は水代のみ」といった感じの謳い文句ではなく、サーバーレンタル料が必要なところの中から選ぶ事が大切になってきます。
また、サーバーレンタル料が無料のところは、水自体の価格が高い場合もあります。

 

反対に、サーバーレンタル料が必要なところは、レンタル料金を取っている分、水を毎月買うノルマも必要なく、水自体の料金も安く設定されている場合が多いのです。

これらのことから考えて、ウォーターサーバーの導入を考える際は、トータルコストを重視して決める必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>